ホテル雅叙園東京出典:一休.com
ホテル雅叙園東京出典:一休.com
ホテル雅叙園東京出典:一休.com
ホテル雅叙園東京出典:一休.com
ホテル雅叙園東京出典:一休.com

ホテル雅叙園東京

口コミ評価
4.7
ホテルランク
5

住所:東京都目黒区下目黒1-8-1

駅前ホテルで登録有形文化財などの装飾が必見

ホテル雅叙園東京は、JR・目黒駅から徒歩3分。羽田空港から約10km。送迎あり(有料)。駐車場あり(滞在中は無料)。趣のある和モダンが麗しいラグジュアリーなホテルで、ウェディングメインだった事業を宿泊事業へリブランディングしたことで知られ注目されています。館内には歴史ある装飾があちこちに見られ、国の登録有形文化財指定である「百段階段」、1~5階の天井装飾画などは一見の価値ありです。庭園の松やカエデも立派で、池を泳ぐ鯉も優雅です。館内設備はレストラン、会議室、結婚式場、喫煙所などで、24時間対応しているフロントでは、クリーニングサービスや宅配便などを受付ています。また、目の前で点てた抹茶が出されるウェルカムドリンクは五感が喜ぶサービスです。7~8階にあるホテル雅叙園東京の客室フロアは「和敬清心」をテーマにしており、落ち着いて過ごせる雰囲気で、全室70㎡以上を誇ります。室内にあしらわれた浴室が見事で、和室には檜のジェットバス・スチームサウナ、洋室は大理石のジェットバス・サウナが備わり、ボディーソープ、シャンプー・リンス、タオル類などのアメニティーを豊富に揃えています。テレビ、電気ポット、ミニバー、冷蔵庫などの家電も充実し、加湿器やアイロンといった貸出品にも対応しています。

本ページではプロモーションが含まれます

当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

ホテル雅叙園東京の宿泊プラン

おすすめのこだわり条件(選択中の絞り込み条件)

スイートルーム

お部屋タイプお約束プラン/食事なし
JTB
クーポンあり
お部屋タイプお約束プラン/食事なし
  • スイートルーム
  • 1名〜4名
  • 禁煙
    • IN 15:00~
    • OUT 12:00
11室 合計料金(税込)

143,000円〜

プランを見る
※各旅行会社のWebサイトに移動後、Webサイトによっては1泊あたりの消費税込の料金が表示されたり、消費税別の料金が表示されますが、予約時に上記宿泊合計料金で表示されます。
※宿泊施設の価格や空室状況は常に変動しています。ご予約の際は、各旅行会社のWebサイトや宿泊施設のホームページで最新の情報をご確認ください。
ご希望の条件では空室がありません。検索条件を指定し直して、再度検索をしてください。
※各旅行会社のWebサイトに移動後、Webサイトによっては1泊あたりの消費税込の料金が表示されたり、消費税別の料金が表示されますが、予約時に上記宿泊合計料金で表示されます。
※宿泊施設の価格や空室状況は常に変動しています。ご予約の際は、各旅行会社のWebサイトや宿泊施設のホームページで最新の情報をご確認ください。

詳細情報

「目黒雅叙園」とは?

ホテル雅叙園東京出典:https://www.megurogajoen.co.jp/

「目黒雅叙園」は東京都目黒区、目黒川沿いにあり、結婚式場・ホテル・レストランなどの複合施設です。石川県出身の純日本式の料亭「芝浦雅叙園」を経営していた細川力蔵が、当時の目黒にあった土地と建物を手に入れ増築し、1931年に「目黒雅叙園」と名付けた料亭を開業したことからこの施設の歴史が始まりました。その後は日本初の総合結婚式場として増改築を繰り返し、現在は米ファンドのラサール・インベストメント・マネージメント・インクが運営をしています。

ホテル雅叙園東京出典:http://www.offitsuku.com/index.php/archives/11866

『千と千尋の神隠し』のモデルになった建築物

さてここでは「千と千尋の神隠し」で湯屋のモデルとなった、目黒雅叙園の建築にスポットを当てていきましょう。正面玄関から回廊を進むと「招きの大門」と呼ばれる豪華な門があり、壁から天井までびっしりと装飾された宴会場の玄関があり、160枚以上の日本絵画が飾られた宴会場があり、施設内にも池や橋があり…と、豪華としか言いようがない建築内容となっています。その中でも、「百段階段 」の迫力が凄まじいです。登録有形文化財指定であり、ケヤキ板で作られた99段の階段廊下を持っていることが特徴です。

ホテル雅叙園東京出典:https://www.megurogajoen.co.jp/

パワースポット

目黒雅叙園は「パワースポット」が集まる場所としても有名。たとえばこの写真の通り、園内にある人口滝です。滝からのエネルギーは癒しの効果が感じることができ、心を和ませることができるからパワースポットである、と言われています。また、風水的な位置から考え、異次元につながっているからパワーをもらえる、との別の説もあります。人工滝のご利益は、ヒーリング効果、良縁、アイディアを与えてくれる等がある、と言われています。

ホテル雅叙園東京出典:http://hamanas.at.webry.info/200606/index.html

有形文化財「百段階段」

先ほども少し触れましたが、実は「百段階段」とは通称であり、かつて3号館に存在し1935年に建てられた当園で現存する唯一の木造建築のことを指します。宴会場7部屋を結ぶ階段であり、99段もの長い階段で成り立っています。素材は厚さ約5cmのケヤキ板で建築されています。 天井には末広がりを意味する扇絵が飾られ、趣を感じることができる空間となっております。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

心の安らぎを与えてくける都会のオアシス

「目黒雅叙園」は、東京都目黒区、目黒川沿いにあり、目黒駅から徒歩3分(300m)、五反田駅から約1kmと、駅周辺の喧騒から少し離れた場所にたたずんでいます。目黒駅には、JR山手線・東急目黒線・地下鉄などが乗り入れていて、都内への移動が便利です。駅からも近い「目黒雅叙園」は、観光やビジネスの拠点としても最適のロケーションです。渋谷にも近く、東京都内の主要観光スポットを観光するにはとても便利な立地にあります。なお、駐車場も利用可能です。



しかも、「目黒雅叙園」のすごいところは、東京都心にありながら広大な敷地面積を持ち、絢爛豪華な美しいデザインや内装の建物に、心休まる静かな庭園、そしてハイグレードな設備とサービスを提供している点にあります。普段の日常とは違った体験と心の安らぎをあたえてくれる、まさに都会のオアシスといえるでしょう。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

江戸文化の豪華絢爛さを受け継ぐ「目黒雅叙園」

「目黒雅叙園」で特筆すべきことは、なによりもその豪華絢爛さです。ジブリ映画『千と千尋の神隠し』に出てくる油屋内部の宴会場のモデルになったともいわれ、館内には様々なデザインや装飾が施されています。その中でも特に有名なスポットを紹介していきましょう。

ホテル雅叙園東京出典:楽天トラベル

「百段階段」の謎

施設内にある「百段階段」は、「目黒雅叙園」の名所ともいえる施設です。1910(昭和10)年に建てられた3号館は、その大部分が目黒川の拡幅などで建て替えられましたが、唯一現在も残っている木造建築の中に「百段階段」があります。2011年に東京都の有形文化財に指定されたこともあって、年間を通して様々なイベントに利用されています。



「百段階段」へは、まずエントランス左手にあるエレベーターから3階へ上がります。しかし、まずこの館内エレベーター自体がすごいのです。黒漆に螺鈿(らでん)細工の装飾が施されていて、真珠貝のような虹色の落ち着いた光沢からは、歴史の重みとともに気品が感じられます。



そうして到着した「百段階段」は、いくつかの踊り場はあるものの、一直線に上り詰める感じで、登る前から少しクラクラしそうな景色です。でも、心配は要りません。階段の右側は、それぞれ趣きの異なった7つの部屋と繋がっていて、その一部屋一部屋を見て回ることができるのです。「十畝(じっぽ)の間」「漁樵(ぎょしょう)の間」「草丘の間」「静水の間」「星光の間」「清方の間」「頂上の間」で、どれも豪華な装飾が施されています。



年間を通して様々なイベントも開催されているので、ホームページなどでチェックして出かけることをおすすめします。なかでも特に有名なのが、年明け1月中頃から3月まで開催される「百段雛まつり」で、由緒ある雛人形がところせましと並ぶ光景は圧巻です。



この「百段階段」、階段を数えながら登りきると、実は99段しかありません。これには「奇数が縁起が良い」とか「百は王様を表す数字なので、恐れ多いからだ」など、様々な諸説がありますが、真相は謎だそうです。

ホテル雅叙園東京出典:一休.com

見る角度で表情が違う「花魁通り」

1階のエントランスから、ホテル棟へ向う廊下にも豪華な設備があります。100m以上続くこの回廊には、木彫のレリーフが飾られています。江戸時代の花魁の風俗を彩りも豊かに描いたもので、これは日本画家・横尾芳月(よこおほうげつ)の原画を元に、一枚板の木彫りに泥絵の具で彩色したものです。平面絵画ではなく、立体的な彫刻なので、見る角度によって表情が違って見えるのです。ぜひ自分の目で確かめてください。なお、この回廊では木彫レリーフに目が行ってしまいがちですが、実は天井にも絵画がはめ込まれているので、こちらもチェックしてくださいね。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

昭和の竜宮城「招きの大門」

「花魁通り」を先まで行くと、ホテル棟へと繋がる橋がかかっています。そこにある大きな門は「招きの大門」と呼ばれ、旧雅叙園の玄関を移築したのものです。この門は、目黒雅叙園が「昭和の竜宮城」とも呼ばれる由縁になったもので、とても迫力があり、威容を誇っています。絶好の記念撮影スポットでもありますね。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

ハイクラスホテルとしての格式高いサービス

招きの大門をくぐり、レストランエリアを抜けていくと現れるのが「アトリウムガーデン」です。ホテル棟は、西洋の現代建築と和の様式が美しく融合し、ハイセンスに洗練されたハイクラスホテルらしい雰囲気が漂います。アットホームな雰囲気のフロントとロビーがあり、館内にはバーやラウンジ、宴会場などの設備があります。もちろん、趣きのある和風でモダンなチャペルや、ウェディング施設も併設しています。



客室は和室と和洋室があり、上品なインテリアが施された快適な空間です。全室で無料Wi-Fiが利用できます。バスルームにジェットバス、スチームサウナを完備し、さらに温水清浄トイレ、冷暖房、テレビ、冷蔵庫、ドライヤー、パジャマ、バスセットなどのアメニティにいたるまで、充実の設備です。



客室数は47室と、決して多くはありませんが、広大な敷地面積を擁しながら、これだけの客室数しかないというのはなんとも贅沢です。客室の空間も広々としていて、富士山が見える部屋もあります。そして、フロントデスクは24時間対応、荷物預かり所、バリアフリー設備なども完備し、ペットの同伴も可能です。きめ細やかなサービスと設備に、必ずや満足のいく、思い出に残る滞在となることでしょう。

ホテル雅叙園東京出典:http://www.megurogajoen.co.jp/

「目黒雅叙園」から「ホテル雅叙園東京」へ

2017年4月1日、「目黒雅叙園」は「ホテル雅叙園東京」へ名称を変更し、リブランドされることが発表されました。創業88年を経て、2018年には創業90年、2020年には東京で国際的な催事も予定され、東京・目黒のランドマークから、世界に誇る東京のホテルとして、より上質でより魅力にあふれるサービスに磨きをかけるとのことです。



リブランドに先立って、3月1日(水)にはエグゼクティブラウンジ「桜花-OUKA-」がオープン、そして、5月15日(月)には自然派イタリアン「カノビアーノ」もグランドオープンします。



格式高い雰囲気でハイクラスホテルとして名高いことから、足を運ぶのを迷ってしまう人も多いのではないかと思います。しかし、その豪華絢爛な空間は、一度はゆっくり見学をして体験してみたいスポットです。ぜひイベントなどをきっかけに、あるいは新しくなった雅叙園を見に、足を運んでみてはいかがでしょうか?

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

美術館のような豪華絢爛なホテルステイ

日本で初めての結婚式場としてオープンした豪華絢爛な「ホテル雅叙園東京」。子供のお食い初めや七五三などのお祝いのプランもあります。七五三は、着付けと館内でのロケーション撮影、食事会がセットになったプランがおすすめです。1歳の誕生日のお祝いには、離乳食ケーキや一升餅も用意してもらえます。家族での宿泊は、布団敷の「ジャパニーズルーム」もあるので赤ちゃん連れも安心です。レストランは、日本食や中華など7つのレストラン全て子供の同伴が可能。館内の様々な美術品を紹介してもらえる「「雅叙園アートツアー」などのアクティビティもおすすめです。東京都指定有形文化財に指定されている「百段階段」は必見です。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

文化を体感するアートホテル

ホテル雅叙園東京は全室サウナ・ジェットバスを完備したスイート仕様であることが魅力です。館内には美術工芸品の数々が納められていて、ミュージアムのような洗練された空間でラグジュアリーなひと時を過せるようになっています。文化的なアクティビティに触れるアーティスティックな女子旅が実現します。非日常を感じるワンランク上のゲストルームは和と洋の趣が調和したデザインです。時間や日常を忘れてのんびりとした女子会を楽しむことが出来ます。

宿泊施設

ホテル雅叙園東京出典:一休.com

目黒雅叙園では実は、式場やレストランだけでなく「宿泊施設」も存在します。部屋は限定23室であり、すべてが80平米以上のスイート仕様になっています。ここの施設にマッチしている、和室を重視しています。もちろん和洋室の部屋もあります。部屋が広いだけあり、家族二世帯で同じ部屋に泊まることも可能ではないでしょうか。是非ここに宿泊して目黒雅叙園を思う存分堪能してみたいものですね。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

サウナとジェットバスを備えたスイート

目黒駅前に位置する「ホテル雅叙園東京」は、「和敬清心」をコンセプトに造られたラグジュアリーなホテルです。日本の美を感じられるこのホテルの客室は、全室サウナとジェットバスが備えられており、優雅な時を過ごせます。特に3タイプあるスイートルームは、80㎡以上の広々とした客室が特徴。洗練されたインテリアが落ち着いた大人の空間を演出しており、ホテルステイを存分に楽しめます。また、スイートルーム宿泊客専用の「エグゼクティブラウンジ」も魅力。日常の喧騒を忘れ贅沢に過ごせます。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

全室スイート仕様の高級ミュージアムホテル

「ホテル雅叙園東京」は国内外から多くのゲストが訪れるラグジュアリーホテル。東京指定有形文化財「百段階段」や、館内に飾られた数々の美術工芸品などまるでミュージアムのようなホテルです。全室がサウナとジェットバスを備えたスイートルーム仕様となっており、広さも80平米以上で広々。最も広い雅叙園スイートは特に高級感あふれる空間が広がります。その他、和のテイストたっぷりのお部屋などもあります。宿泊者の方は専用のエグゼクティブラウンジの利用も可能。「雅叙園アートツアー」をはじめとした宿泊者限定アクティビティも用意されており、充実したホテルライフを過ごすことができますよ。

ホテル雅叙園東京出典:http://www.megurogajoen.co.jp/

上質な空間で癒しのホテルステイ

和敬清心をコンセプトとした落ち着いた客室が用意されたホテル雅叙園東京。全客室がスイートルーム仕様で、サウナとジェットバスを完備しています。和室は80平米、120平米の2タイプが選択でき、開放的な空間を満喫できるのがポイントです。2019年7月にリニューアルされ、ベッドを導入。ベッドボードは茶席で使用される風炉先屏風をイメージし、西陣織を張り込んだ文様デザインが用いられています。宿泊者のみ利用できるエグゼクティブラウンジからは目黒川や富士山を望め、より贅沢な時間を味わえるのも魅力です。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

特別な日にはワンランク上の旅を

緑豊かな目黒に位置するホテル、「ホテル雅叙園東京」。JR目黒駅東口より無料送迎バスを運行しています。絢爛豪華な美術工芸品の数々が配されているのが特徴のミュージアムホテル。館内の美術品の見どころを案内する「雅叙園アートツアー」や毎月様々なイベントなども開催しています。様々なタイプの客室が全60室。広々としたスイートルームには、全室ジェットバスを完備しています。日本料理、中国料理、イタリア料理など7つのレストランがあります。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

アートも楽しめる、贅を尽くした寛ぎの空間

目黒駅から徒歩約3分、緑豊かな環境に佇むミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」。全室70平米以上の広さを誇り、サウナとジェットバスを完備。琉球畳エリアで寛げるモダンな和洋室、秋の紅葉をテーマにした雅叙園スイートなど、いずれも贅沢で上質な客室になっており、心身ともにリラックスできます。アジョイニングルームとして、家族や友人同士で隣り合う2部屋を予約することも可能。館内には数々の美術工芸品が展示されており、雅叙園アートツアーや抹茶お点前などの宿泊者専用アクティビティも楽しめます。

ホテル雅叙園東京出典:一休.com

オムニサンスの贅沢なバスアメニティ

目黒に位置する落ち着いた雰囲気のラグジュアリーホテル「ホテル雅叙園東京」。全60室の客室すべてが80平米以上の広さを持つスイートルーム仕様になっており、サウナやジェットバスを備えています。大理石の豪華なバスルームにはスパ発のスキンケアブランド「Omnisens Paris(オムニサンス・パリ)」のバスアメニティを完備。女性に嬉しい基礎化粧品も揃っています。ネスプレッソコーヒーや緑茶、紅茶などフリードリンクも充実しています。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

中華レストラン「旬遊紀」

中華レストラン「旬遊紀」は、「目黒雅叙園」のメインダイニングです。医食同源を基本理念として、「東京から発信する中国料理のスタイル」をコンセプトにしています。ランチやディナーのコースのほか、「百段階段」のイベントの合わせた期間限定のランチプランもあり、プチ贅沢な食事を堪能できます。また、長寿のお祝いや家族の誕生日を華やかな料理で祝える「三世代コース」などもあります。

ホテル雅叙園東京出典:http://www.megurogajoen.co.jp/

日本料理店「渡風亭」

日本料理店「渡風亭 (とふうてい)」は、茅葺屋根の一軒家のようなたたずまいで、2名から利用できる個室もあり、ゆっくりと食事や会話が楽しめます。結納料理のプランもあって、結納式に利用するのにとても便利です。料理は、日本古来の伝統技法を、現代的な感性で創り上げた日本料理がコンセプト。旬の素材を熟練の匠の技で仕上げた美食を追求しています。

ホテル雅叙園東京出典:http://www.megurogajoen.co.jp/

西洋料理「クラブラウンジ」

西洋料理「クラブラウンジ (Club Lounge)」は、「目黒雅叙園」の中でもリーズナブルな価格でランチが楽しめます。ランチビュッフェはメインを1つ選び、前菜はバイキング方式です。スイーツの種類も豊富にひそろっていて、アイスをはじめ、チョコレートファウンテン、ケーキも充実しています。女子会やデートにも人気の店で、ティータイムもあるので、気軽に楽しめますよ。

ホテル雅叙園東京出典:http://www.megurogajoen.co.jp/

カフェラウンジ「パンドラ」

カフェラウンジ「パンドラ(Pandora)」は、行列のできる人気店です。美しい庭園に隣接している明るい空間で、ピアノの生演奏を聴きながら、優雅にくつろげます。軽い食事やティータイムの利用に最適ですが、営業時間内(〜21:30まで)であれば、夜でも「アフタヌーンティー」の注文ができるなど、サービスもユニークです。

ホテル雅叙園東京出典:一休.com

コースやアラカルトを客室で堪能

東京都指定有形文化財の百段階段を有するホテル雅叙園東京。全客室が80平米以上のスイート仕様で、サウナやジェットバスを完備しているのが特徴です。インルームダイニングはアラカルトからコース料理まで用意され、プライベートな夕食を客室で楽しめます。メニューにはメインやパスタ、カレー、サンドウィッチ、ハンバーガー、デザートのほか、キッズメニュー、中国料理や日本料理も。ルームデコレーションやアニバーサリーケーキも手配可能で、記念日や誕生日などを演出できます。

結婚式・ブライダル

ホテル雅叙園東京出典:https://www.megurogajoen.co.jp/wedding/index.html/

目黒雅叙園の目玉は、なんといっても「結婚式・ブライダル」です。ここは、日本初の総合結婚式場として有名です。優雅な2つのチャペルと伝統の息づく神殿、多彩な披露宴会場があり、和と洋の結婚式を挙げることができます。披露宴会場もあるので、結婚式の後に披露宴を開くことも可能です。挙式をするだけではなく、フォトプラン等もあるので、園内の滝の前でドレス、もしくは和服を着て写真を撮ればご利益がありそうですね。

ホテル雅叙園東京出典:https://www.facebook.com/gajoen/

料亭から、日本初の総合結婚式場へ

では、ここで「目黒雅叙園」の歴史を少し振り返っておきましょう。「目黒雅叙園」を創業したのは、石川県出身の細川力蔵という人で、1928(昭和3)年に東京・芝浦にあった自邸を改築し、純日本式の料亭「芝浦雅叙園」を経営していました。その後、目黒にあった土地と建物を入手して増改築を進め、1931年(昭和6年)に「目黒雅叙園」と名付けた料亭を開業しました。これが日本国内で最初の総合結婚式場となりました。



当初は、本格的な北京料理や日本料理を提供する料亭でしたが、メニュー表に価格を表示するなど、当時としては斬新なアイデアを導入して、一般客にも気軽に利用しやすいサービスを工夫し、好評となりました。また今では中華料理店で一般的に見られようになった円卓のターンテーブルも、実は細川力蔵の考案でその後に中国大陸へ伝わったという説もあります。



こうして昭和初期に、結婚式場・ホテル・レストランなどの複合施設としてオープンして以来、多くのカッブルが結婚式を挙げてきた憧れの場所でもあります。その後も、1988年の目黒川の拡幅や、2003年のリニュアールで少しづつ形を変えながらも、旧資材を最大限に再活用して、現在の姿となりました。なお、現在は外資系ファンドのラサール・インベストメント・マネージメント・インクが運営をしています。

ホテル雅叙園東京出典:Expedia

ホテル利用で駐車代無料・割引あり

ホテル雅叙園東京は東京都指定有形文化財の百段階段のほか、美術工芸品が見られるのが特徴。客室はすべてスイートルーム仕様でサウナやジェットバスが完備されています。駐車場は地下1、2階に用意され、車高は2.4mまで対応。通常は30分ごとの料金が発生しますが、宿泊者は無料で駐車が可能です。ホテル内のレストランや百段階段、ホテルショップの利用では3時間、会議や宴会、婚礼のほか、下見や打合せでの利用では6時間まで割引料金が設定されているのもポイント。

アクセス

ホテル雅叙園東京出典:https://www.megurogajoen.co.jp/access/

目黒駅より行人坂を下って徒歩3分、権之助坂を下って徒歩5分です。


迎えの便はありませんが、目黒雅叙園からJR目黒駅前へは送りバスが利用できます。

基本情報

チェックイン15:00
チェックアウト12:00
総部屋数60
電話番号03-5434-3837
住所東京都目黒区下目黒1-8-1
ホテル設備駐車場あり,プール,送迎バス,売店,レストラン,会議室,宴会場,バーラウンジ,エステ,ルームサービス,マッサージ,ランドリーサービス,コピー,FAX,車椅子受け入れ,車椅子(貸出),フロント24時間営業,WiFi,洗浄機能付きトイレ,ツアーデスク,ジム/フィットネス,コンシェルジュ,両替サービス,駅から5分以内
お風呂サウナ

写真

アクセス

東京都目黒区下目黒1-8-1

よくあるご質問

ホテル雅叙園東京のチェックイン、チェックアウト時間を教えてください
ホテル雅叙園東京のチェックイン時間は15:00から、チェックアウト時間は12:00までとなっております。
ホテル雅叙園東京の設備やアクティビティなどのサービスを教えてください
主な設備やサービスには、以下があります。
  • 駐車場あり
  • プール
  • 送迎バス
  • 売店
  • レストラン
  • 会議室
  • 宴会場
  • バーラウンジ
  • エステ
  • ルームサービス
ホテル雅叙園東京の宿泊料金を教えてください
ホテル雅叙園東京の宿泊料金を確認するには、「日程を入力して検索」して、最安値を確認できます。※宿泊料金は日程やホテルのポリシーなどによって異なります。
おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

運営会社

© 2014-2024, Travel Book.,Inc All Rights Reserved.