1. 観光
  2. 関東 観光
  3. 東京 観光
  4. 両国 観光

【2024年】両国観光・名所!両国旅行おすすめ人気スポット30選

両国に来たら、人気おすすめ観光スポットをピックアップ!日本の伝統文化を学べる花火の資料館 「両国花火資料館」,深川の味を空間とともに楽しめるグルメスポット 「両国 江戸noren」,落語や講談を気軽に鑑賞できる演芸場 「永谷お江戸両国亭」,イベント会場やグルメでも注目される相撲の聖地 「両国国技館」,様々な企画展が楽しめる相撲ファン必見の博物館 「相撲博物館」,江戸東京の歴史や暮らしを体感できる博物館 「江戸東京博物館」など、両国の観光にピッタリなスポットやおすすめグルメもご紹介!

両国のおすすめスポット

両国花火資料館

両国花火資料館

日本の伝統文化を学べる花火の資料館

江戸時代から続く隅田川花火大会は、東京を代表する夏の風物詩として知られています。両国花火資料館ではそんな隅田川花火大会の歴史や花火玉の模型、実際に使用される打ち上げ筒など、数々の貴重な資料を展示しています。開館しているのは木曜~日曜のみですが、無料で日本の伝統文化に触れることができるので、両国へ来た際には気軽に立ち寄ってみてください。

両国 江戸noren

両国 江戸noren

深川の味を空間とともに楽しめるグルメスポット

JR両国駅直結の両国江戸noren(のれん)は、江戸の食文化を楽しむというコンセプトでつくられたスポットです。館内にはちゃんこ鍋や深川めし、天ぷら、もんじゃ、スイーツなど、深川を代表する12軒の飲食店がそろっています。入り口には観光案内所も設置されているので、散策前の腹ごしらえにもおすすめ。本格的な土俵が設置された趣ある空間とともに、深川ならではの味を堪能できます。

永谷お江戸両国亭

永谷お江戸両国亭

落語や講談を気軽に鑑賞できる演芸場

両国駅から歩いて行ける距離にある永谷お江戸両国亭は、落語や講談、義太夫といった様々な日本の伝統芸能を楽しめる演芸場です。円楽一門による寄席を中心に、多彩なイベントや公演などを行っており幅広い世代に親しまれています。寄席の観覧に加え、講釈師の案内を聞きながら東京の歴史を巡る街歩きもできる「歴史と文化の散歩ラリー」も受け付けており、観光客にもおすすめです。

両国国技館

両国国技館

イベント会場やグルメでも注目される相撲の聖地

日本の国技である相撲の聖地として有名な両国国技館。ここでは1月、5月、9月の年に3回大相撲の東京場所が催されています。グルメスポットとしても人気で、力士の名を冠した名物「力弁当」や本格的な「ちゃんこ」をはじめ、ここでしか味わえないメニューが多数。館内には相撲博物館や好きな力士とのツーショットが撮れるプリクラ機、また本場所開催中には様々なイベントもあり、観戦以外にもたっぷり楽しめます。

相撲博物館

相撲博物館

様々な企画展が楽しめる相撲ファン必見の博物館

両国国技館の中に併設されている相撲博物館は、日本相撲協会が運営するミュージアムです。1室のみのコンパクトな館内では2か月ごとに企画展が催されており、歴代横綱の錦絵や化粧まわし、番付といった数多くの収蔵品の中からテーマに沿ったものを展示公開しています。本場所中には大相撲観覧券がないと入室できませんが、シーズンオフなら無料で見学できるので、両国へ訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください

江戸東京博物館

江戸東京博物館

江戸東京の歴史や暮らしを体感できる博物館

高床式の倉をモチーフに造られたユニークな外観の江戸東京博物館は、江戸東京の歴史と文化を学び、未来を考える場として作られた施設です。館内では江戸時代を中心とした東京の文化や人々の暮らしぶりを、模型やジオラマを使って分かりやすく紹介しています。また講座や体験教室、特別展なども開催されており、観光スポットとしてはもちろん、都民の憩いの場としても評判です。

東京水辺ライン

東京水辺ライン

観光にも普段使いにも便利な水上バス

東京水辺ラインは、隅田川や荒川、東京港を行き来する水上バスです。浅草、両国、お台場、葛西臨海公園など水辺の主要スポット間をつないでいます。日常使いに便利な定期航路はもちろん、ナイトクルーズや葛西・お台場周遊コース、江戸東京ぶらり旅といった、観光に最適な便も随時運行しており、水の上から見た一味違う東京の景色を楽しむことができますよ。

ルーサイトギャラリー

ルーサイトギャラリー

情緒ある空間で骨董品を楽しめるギャラリー&カフェ

隅田川沿いに佇むルーサイトギャラリーは、1階がギャラリー、2階がカフェになっているお店です。昭和時代に名を馳せた市丸という柳橋芸者の屋敷を改装したもので、建物の趣深い雰囲気も魅力のひとつ。ギャラリーでは様々な色に染まる合成樹脂ルーサイトや、味わい深い骨とう品などの個性豊かなコレクションと出会えます。夜にはカフェでライトアップされた隅田川を眺めながらゆったり過ごすのもおすすめです。

すみだ北斎美術館

すみだ北斎美術館

葛飾北斎の魅力と情熱を感じられる美術館

すみだ北斎美術館は、海外でも人気の高い江戸時代の画家、葛飾北斎のゆかりの地である墨田区に建てられた美術館です。常設展では北斎の各時代を代表する作品や北斎の生涯、再現したアトリエ、などを展示。タッチパネルや模型などを駆使して、北斎の技法や錦絵の製作工程なども分かりやすく解説されています。イベントや体験教室なども随時開催しており、子供連れでも楽しめます。

江東区芭蕉記念館

江東区芭蕉記念館

松尾芭蕉を身近に感じられるミュージアム

隅田川沿いにある芭蕉記念館は、江戸時代の俳人、松尾芭蕉に関する史料を展示する施設です。深川は芭蕉が晩年の俳諧活動の拠点としていたゆかりの地で、記念館の周辺にも芭蕉の名を冠するスポットが多数あります。芭蕉記念館では芭蕉が身に着けた袈裟や直筆の文字、芭蕉にまつわる書籍など、多数の貴重な品々を展示。芭蕉の句に出てくる草木や花が植えられた日本庭園もあり、芭蕉が愛した自然にも触れられます。

深川神明宮

深川神明宮

深川の地名の由来となった歴史ある神社

深川発祥の神社とされる深川神明宮は、400年ほど前に深川の地を開拓した深川八郎右衛門が創建した神社です。八郎右衛門が屋敷内の祠に伊勢神宮の分霊を祀ったのがはじまりで、それ以来深川の総鎮守として近隣の人々にも親しまれています。また境内には深川七福神のひとつである寿老神を祀る寿老神社もあり、七福神めぐりを行う参拝者も多く訪れます。

鳥越神社

鳥越神社

例大祭の千貫神輿が有名な歴史ある古社

蔵前駅から徒歩5分の場所にある鳥越神社は、651年に創建されたとされる歴史深い神社です。元々は日本武尊を主祭神として祀る白鳥神社としてはじまり、平安時代後期に源義家が訪れた際、鳥越大明神と改称したと言われています。毎年6月に催される例大祭が有名で、都内最大級の「千貫神輿」や幻想的なちょうちん行列は、初夏の風物詩として地元の人々に親しまれています。

深川稲荷神社 深川七福神 布袋尊

深川稲荷神社 深川七福神 布袋尊

深川の布袋尊を祀る七福神巡りスポット

1630年に創建した深川稲荷神社は、深川七福神のひとつである布袋尊を祀っていることで知られる歴史深い神社です。祭神は宇賀魂命で、この付近をかつて西大工町と呼んでいたことから「西大稲荷」と呼ばれる場合もあります。現在は町会によって管理運営されている無住社ですが、正月のご開帳の時期を中心に七福神めぐりの参拝者が多く訪れています。

東京おりがみミュージアム

東京おりがみミュージアム

折り紙の奥深さに魅せられるミュージアム

墨田区にある東京おりがみミュージアムは、大人も子供も楽しめる入館無料のミュージアムです。館内には多彩な折り紙作品を展示した常設展をはじめ、関連図書を集めた資料室や、イベントができる講習室があります。売店では折り紙関連の書籍や折り紙用紙などを販売。知育や認知症の予防などの効果が期待できる折り紙の世界を満喫できるスポットとして、幅広い世代におすすめです。

水天宮

水天宮

戌の日の安産祈願や水難除けのご利益で有名

水天宮は福岡県にある久留米水天宮の分社で、安産や子授け、水難除けのご利益があるとされている神社です。特に安産祈願のご利益で知られており、戌の日や大安吉日には多くの参拝者で賑わいます。犬の像「子宝いぬ」もパワースポットとして人気があり、十二支のうち自分の干支をなでると安産や子授けなどのご利益があると言われています。

小網神社

小網神社

金運アップと厄除けにご利益がある東京銭洗い弁天

小網神社は「東京銭洗い弁天」として崇敬されている神社です。金運アップのご利益があるとされ、境内の「銭洗いの井」で金銭を清めて財布に入れておくと財運を授かると言われています。可愛らしいまゆ玉みくじや弁財天の金運守りも人気。参拝すればどんな災難からも生還できるというご利益もあり、強運厄除けの神社としても有名です。

柳森神社

柳森神社

玉の輿や立身出世、安産にご利益のある神社

柳森神社は太田道灌公が江戸城の鬼門除けにたくさんの柳を植え、京都の伏見稲荷を勧請し創建した神社です。境内の福寿神祠はたぬきを祀っており、他を抜いて(たぬき)の語呂から勝負事や玉の輿、立身出世にご利益がある「おたぬきさま」として親しまれています。さらにご本尊が懐妊の狸像であることから、安産のご利益もあります。

永谷お江戸日本橋亭

永谷お江戸日本橋亭

古き良き江戸情緒の雰囲気を残す演芸ホール

永谷お江戸日本橋亭は古き良き江戸情緒が漂う演芸ホールです。イス席と畳席を備えた館内はシンプルで庶民的な雰囲気となっており、毎月数回行われる落語芸術協会の定期寄席の他、講談や浪曲、義太夫などの伝統芸能を幅広く楽しめます。貸しホールとしての事業も行っており、伝統芸能の公演や稽古、リハーサルなどに利用されています。

あみ清

あみ清

美味しい料理と大人の時間を楽しめる屋形船

あみ清は風情ある大人の時間を楽しめる、浅草で唯一の屋形船です。吾妻橋からお台場までの橋をめぐり、スカイツリーを見上げながら江戸情緒あふれるひと時を過ごせます。エビやイカ、穴子などの天ぷらは、揚げたてサクサクの美味しさを食べ放題で楽しめます。幻想的な夜景が美しい夜の乗船や、夏の花火大会、春のお花見はまた格別です。

台東区立浅草文化観光センター

台東区立浅草文化観光センター

夜景スポットとしても人気の観光案内所

台東区立浅草文化観光センターは日・英・中・韓の4カ国語に対応可能な観光案内所です。木とガラスを組み合わせたデザイン性の高い、ユニークな外観が特徴的。8階の展望テラスからは東京スカイツリーや仲見世通り、隅田川を広く見渡すことができます。仲見世通りの夜景を楽しめる貴重なスポットとしても人気です。同じく8階にあるカフェからも夜景を見られます。

三重テラス

三重テラス

日本橋で三重を体感できるアンテナショップ

三重テラスは日本橋にいながら三重の「いいとこ」を体感できる、三重県の魅力が詰まったアンテナショップです。物販コーナーには新鮮な魚を使った干物や伊勢うどん、伝統工芸品指定の伊勢木綿を使ったオリジナル商品など贈り物にもぴったりの約1,500商品が揃っています。併設のレストランでは三重の美味しい食材を使った料理をイタリアンスタイルで味わえます。

YUITO

YUITO

上質なショップやグルメが揃う特別な空間

YUITOは大人の上質な時間を愉しめる商業施設です。名前の由来は都・人・時を結ぶという意味の「結都」。王室御用達のラグジュアリーブランドや一流シェフの料理を堪能できるレストランなど、4つのプレミアムショップと10のグルメスポットが揃います。TOHOシネマズの半券チケットでお得なサービスを受けることができます。

COREDO室町2

COREDO室町2

大型シネコンや有名レストランが集結

COREDO室町2は「日本を賑わす日本橋」をコンセプトとする商業施設です。地下は創業100年を超える老舗や人気店の食の物販ゾーンになっており、日本全国のグルメをテイクアウトやイートインで楽しめます。3~6階には日本橋初の9スクリーンを有する大型のシネコンが入っています。街区に面した通りの、暖簾や行燈をモチーフにしたデザインも魅力です。

COREDO室町

COREDO室町

老舗や名店、シネコンが揃う駅直結の施設

COREDO室町は3棟のビルで構成されるショッピング&グルメスポットです。創業100年を超える老舗や日本各地の有名店グルメが楽しめます。5~6階は日本橋地域最大級の多目的ホール「日本橋三井ホール」になっており、ライブなど各種イベントが行われています。地下鉄三越前駅と地下で直結しているので、雨の日でも濡れずにアクセスできて便利です。

COREDO室町3

COREDO室町3

食と暮らしをテーマにライフスタイルを提案

COREDO室町3は「食と暮らし」をキーワードに日本の良いものや美しいものを提案する複合型商業施設です。地下1階と1階には老舗和菓子店「鶴屋吉信」や調味料専門店「茅乃舎」など日本の名店の他、和カフェやバルがあります。2階から4階には日本橋初出店の「無印良品」をはじめとして、ライフスタイルショップや雑貨店が揃っています。

CHABARA AKI-OKA MARCHE

CHABARA AKI-OKA MARCHE

全国から名産品を集めたモダンな市場

「CHABARA AKI-OKA MARCHE(ちゃばら アキオカマルシェ)」は、秋葉原駅と御徒町駅間の高架下を利用して造られた商業施設のひとつです。かつての神田青果市場を移転させたもので、全国の食品や特産品のショップ、カフェなどが並びます。「ちゃばら」とは青果市場を表す「やっちゃ場」と「秋葉原」と掛け合わせた造語。日本中から集めた美味しいものを通して各地の伝統に触れることができる、食文化の街として注目です。

秋葉原ラジオ会館

秋葉原ラジオ会館

アキバ文化を発信する地域のランドマーク

秋葉原ラジオ会館は、秋葉原駅のそばにそびえる地上10階建ての商業ビルです。1950(昭和25)年の開業時には、家電やパソコン、アマチュア無線に加えてプラモデル、ゲーム、書籍など様々な店舗をそろえ、秋葉原の顔として注目されていました。現在見られるビルは2014年にリニューアルされたもの。フィギュアやカードなどの専門店を豊富にそろえており、秋葉原を代表するスポットとして多くの観光客が訪れています。

日本橋三井タワー

日本橋三井タワー

伝統と最新が調和する日本橋のランドマーク

日本橋三井タワーは伝統と先進性が調和する地上39階、地下4階の高層ビルで、日本橋地区のランドマークタワーです。高級果物の老舗や日本料理の名店など、選りすぐりの名店が集結。上層階は日本初となる5つ星のラグジュアリーホテル「マンダリン・オリエンタル東京」となっており、優雅な空間でアフタヌーンティーやプライベートスパが楽しめます。

東京アニメセンター with あるあるCity

東京アニメセンター with あるあるCity

日本のアニメ情報を発信するスポット

秋葉原UDXの4階に位置する「東京アニメセンターwithあるあるCity」は、日本のアニメに関する様々な情報を発信しているアニメ情報ステーションです。アニメの最新情報はもちろん、アニメ作品をテーマとする原画展や企画展など、多彩なイベントも催されています。人気アニメのグッズがそろうショップも必見。アニメ好きなら見逃せないスポットです。

秋葉原 UDX レストラン&ショップ AKIBA_ICHI

秋葉原 UDX レストラン&ショップ AKIBA_ICHI

青果市場 「やっちゃ場」を思わせる活気ある商業施設

秋葉原駅の北側に位置する「秋葉原UDX」は、ショップ、映画館、クリニックをはじめとするあらゆる機能を備えた複合型オフィスです。1階~3階部分には市場のように活気あふれる「レストラン&ショップAKIBA_ICHI」があり、気軽に利用できるカフェから本格レストランまで、多彩な飲食施設とショップがそろっています。ベビールームやおむつの交換台も備わっており、子供連れでも安心です。

東京の人気ツアーランキング

株式会社 阪急交通社

▼【福島県内発着】<往復新幹線+東京駅周辺エリア/選べるホテル>東京フリープラン1泊7日(初泊のみ)

  • 6月未定
  • 1泊7日
  • 出発地:新白河駅
住庄ほてる

宿泊ホテル住庄ほてる

住庄ほてるは、江戸の風情をとどめる日本橋小舟町にあるホテルです。ホテル形式でありながら、和の落ち着いた雰囲気も取り入れた、心癒されるお宿です。都営地下鉄浅草線・東京メトロ日比谷線の人形町駅から徒歩3分、東京メトロ半蔵門線・銀座線の三越前駅から徒歩6分にあり、ビジネスにも観光にも便利です。部屋は、洋室のシングルルーム、ダブルルームに加え、ツインルームが3種類あります。和室の部屋も2タイプあり、都会でありながら旅館に泊まっているような気持ちになれますよ。有線LANや無線LANのサービスも行っています。各部屋にはバスルームが付いていますが、別に大浴場も完備しています。ゆっくりと疲れを癒すことができます。浴衣もありますよ。ホテル内にある割烹すみしょうでは、本格的な和食を堪能できます。コースや御膳以外にも、様々なメニューがあります。お席は、落ち着いた和の雰囲気のテーブル席、座敷席となっています。都心でありながら、旅館に泊まっているようなくつろぎの空間がおすすめのホテルですよ。

※ 宿泊ホテルの一例
大人1名
12,800円〜
プラン詳細を見る

東京のおすすめグルメ

東京のお土産

東京の気候

東京のおすすめアクティビティ

両国 観光のよくある質問

東京観光のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

日本の中心地で大都市である東京は、1年を通じて観光を楽しむことができます。特に、スカイツリーや浅草、銀座などの街中の観光スポットや、東京ディズニーリゾートなどは、季節を問わずいつでも楽しめるスポットです。自然の豊かな高尾山などを訪れるのであれば、気候のよい春や秋などがおすすめ。奥多摩ならば、夏場の避暑地としても人気です。

東京観光で比較的空いている穴場の時期はありますか?

東京は、1年を通じて国内外から多くの観光客が訪れており、人が少ないシーズンというものはあまりありません。ただし、夏休みや春休み、冬休み、ゴールデンウィークなど学校が休みになるときは、より多くの人が訪れるので、少しでも人が少ない時期を狙うのであれば、避けた方が無難です。また、平日の方が、土日祝日よりも人が少ない傾向にあります。

東京旅行は何泊何日が人気ですか?

東京旅行を楽しむのに最適な宿泊日数は、目的によって異なりますが、都内の人気観光スポット巡りやショッピングを楽しむというのであれば、2泊3日がおすすめです。上野動物園など1日ゆっくり楽しめる観光スポットを取り入れる場合や、東京ディズニーリゾートと都内観光を合わせて楽しみたいのであれば、3泊4日がおすすめです。

おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

運営会社

© 2014-2024, Travel Book.,Inc All Rights Reserved.