1. 観光
  2. 関東 観光
  3. 東京 観光
  4. 飯田橋 観光

【2024年】飯田橋観光・名所!飯田橋旅行おすすめ人気スポット30選

飯田橋に来たら、人気おすすめ観光スポットをピックアップ!縁結びにご利益がある東京のお伊勢さま 「東京大神宮」,多彩な店が集まる総合ショッピングセンター 「飯田橋ラムラ」,桜や紅葉の名所として知られる大名庭園 「小石川後楽園」,多彩なグルメが揃うドームシティのランドマーク 「MEETS PORT」,イベントも開催されるドーム型球場 「東京ドーム」,子どもから大人まで1日遊べる複合施設 「東京ドームシティ」など、飯田橋の観光にピッタリなスポットやおすすめグルメもご紹介!

飯田橋のおすすめスポット

東京大神宮

東京大神宮

縁結びにご利益がある東京のお伊勢さま

東京大神宮は伊勢神宮の遥拝殿として1880年に創建された神社で、「東京のお伊勢さま」として親しまれています。日本で初めて神前結婚式を行ったことから縁結びのご利益があると言われており、「恋のパワースポット」としても有名。種類豊富なお守りはお土産にもおすすめです。イベントやワークショップ、文化講座なども定期的に開催されています。

飯田橋ラムラ

飯田橋ラムラ

多彩な店が集まる総合ショッピングセンター

飯田橋ラムラは飯田橋駅の目の前にある総合ショッピングセンターです。ファッション、生活雑貨、書店、100円ショップなど多彩な店舗が入っており、飲食店も寿司やそば、タイ料理、カフェなどバラエティ豊富に揃います。1階から2階への吹き抜け部分の 正面から向かって左は千代田区、右側は新宿という区境にある大きなステンドグラスも必見です。

小石川後楽園

小石川後楽園

桜や紅葉の名所として知られる大名庭園

小石川後楽園は徳川二代藩主の光圀が完成させた、江戸期を代表する回遊式築山泉水庭園です。随所に中国の名所の名前が付けられており、日本各地の湖や山を模した景勝と中国の名所を巧みに配置した、和洋折衷の景観が特徴です。豊かな自然と四季折々の花々が見どころで、のんびり歩いているだけでも次々に景色が変わっていく様子が楽しめます。

MEETS PORT

MEETS PORT

多彩なグルメが揃うドームシティのランドマーク

MEETS PORTはレストランやカフェのある複合施設で、東京ドームシティのランドマーク的存在です。「Dining」「Hall」「Garden」3つのエリアに分かれており、ダイニングエリアでは和食やイタリアン、バーベキューなど多彩なグルメが楽しめます。施設内のあちらこちらに飾られているアートワークも見どころです。

東京ドーム

東京ドーム

イベントも開催されるドーム型球場

東京ドームは1988年に開業した日本初のドーム型球場で、プロ野球チーム読売ジャイアンツの本拠地です。天候に左右されない全天候型多目的スタジアムとして、野球だけではなくコンサートや展示会など様々なイベントが開催されています。ドーム内の1Fコンコースにあるグルメストリートでは多彩なジャンルの料理やスイーツも楽しめます。

東京ドームシティ

東京ドームシティ

子どもから大人まで1日遊べる複合施設

東京ドームシティは東京ドームを中心に様々な施設が集まる複合型レジャーランドです。アトラクションが盛りだくさんの遊園地や都内最大級の屋内型キッズ施設、最新の映像システムを駆使したヒーローショーなどがあり、大人から子どもまで楽しめます。フードコートや天然温泉「スパ ラクーア」、ホテルなどもあるので、1日たっぷり遊ぶのにおすすめです。

東京ドームシティ アトラクションズ

東京ドームシティ アトラクションズ

子ども向けから絶叫系までアトラクションが多彩

東京ドームシティ アトラクションズは入園無料の都市型アミューズメントパークです。スリル満点のコースターやお化け屋敷から幼児向けの乗り物まで、様々なアトラクションが揃っているのでファミリーでも友だち同士でも楽しめます。いくつかの人気アトラクションでは、待たずに乗れるスキップパスを枚数限定で販売しています。

神楽坂若宮八幡神社

神楽坂若宮八幡神社

江戸城鎮護の役割も担っていた頼朝ゆかりの古社

神楽坂若宮八幡神社は1189年に源頼朝が奥州合戦へ向かう際、この地で下馬宿願したのが始まりです。その後頼朝は奥州を平定し、鎌倉・鶴岡の若宮八幡宮をここに分社しました。1945年の空襲で焼失しており、現在見られるのは1999(平成11)年に造営された社殿です。小さな神社ですが、室町時代に太田道灌が江戸城を築城した際には城を鎮護する役割を与えられ、かつては広大な神領を持っていたことがうかがえます。

日本武道館

日本武道館

日本の伝統武道を世界へ発信するイベント会場

皇居の北側に位置する日本武道館は、武道を普及するために造られた屋内競技場です。富士山をイメージしたという、優美な曲線を描いた8角形の屋根が特徴的で、1964年の東京オリンピックでは柔道競技の会場として利用されました。今でも弓道や相撲、剣道、柔道といった日本の伝統的な武道の大会にはもちろん、その他のスポーツや文化、芸能、音楽など様々な分野のイベント会場として親しまれています。

東京ドームシティ ラクーア

東京ドームシティ ラクーア

天然温泉やトリートメントでリラックス

東京ドームシティ ラクーアは東京ドームシティ内にある、スパ施設メインの複合商業施設です。リラックス&リフレッシュをテーマに天然温泉のスパやエステ&リラクゼーションサロン、約70店舗のショップやレストランなど「トータルでキレイがかなう」癒しの空間となっています。仮眠できるラウンジは女性専用のエリアもあり、女性一人での利用も安心です。

靖国神社

靖国神社

明治天皇によって創建された由緒ある神社

靖国神社は、幕末の動乱から世界大戦に至るまでの時期に、日本国家のために命を捧げた246万6千余柱もの英霊を祭神として祀る神社です。1869(明治2)年に明治天皇の意向で建てられた「招魂社」が前身で、1879(明治12)年には明治天皇によって「靖国神社」改名されました。境内には戦没者の遺品や宝物を展示する「遊就館」や、気象庁が指定する桜の標本木などもあり、春には桜の名所としても有名です。

文京ふるさと歴史館

文京ふるさと歴史館

文京区の文学者や歴史を分かりやすく解説

文京ふるさと歴史館は文京区ゆかりの文学者や歴史、史跡について実物資料や映像で分かりやすく解説している博物館です。1階は旧石器時代から現代までの通史に関する展示を、2階は「まちの風景」「暮らしの風景」「文化の風景」のテーマに則した展示を行っています。模様を手掛かりに土器を組み立てるパズルやリアルなジオラマなど、楽しめる展示が豊富です。

千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵

お堀端に広がるお花見スポット

皇居を囲むお濠の中でも、田安門から代官町通りまでのエリアは千鳥ヶ淵と呼ばれており、約300本もの桜が並ぶ花見スポットとして有名です。周辺には千鳥ヶ淵公園や、お濠沿いに700mほど続く千鳥ヶ淵緑道、ボート乗り場などが設けられており、春には家族連れからカップルまで多くの人が訪れます。シーズン中は夜間ライトアップも行われ、一味違う幻想的な景色を楽しむことが可能です。

神保町花月

神保町花月

お笑いの原石たちを生で見られる劇場

神保町シアタービルの2階にある神保町よしもと漫才劇場は、お笑いのための劇場です。まだ知られていない芸人から旬の人気芸人まで、芸歴7年目までの芸人たちが日々ネタを披露しています。多くの芸人がネタを練り上げていく場としてお笑いファンを中心に注目されているスポット。1週間ごとに出演者が替わっていき、毎回新鮮な気分で楽しむことができるのも魅力です。

テラススクエア

テラススクエア

JRなど5駅8路線から歩いて行ける商業施設

テラススクエアは東京メトロやJRなど5駅8路線が徒歩圏内にある便利な立地の複合商業施設です。リーズナブルなクラフトビールのお店や本格タイ料理店、ゆったりした雰囲気の九州・沖縄料理店など、個性的な飲食店が入っています。3階にある「TKPガーデンシティPREMIUM神保町」では様々なイベントも開催されています。

アユミギャラリー

アユミギャラリー

洋風建築の風情ある貸ギャラリー

アユミギャラリーは地下鉄神楽坂駅からすぐの場所にあるギャラリーです。1953年に建てられた英国のハーフティンバー風木造建築を利用しており、有形文化財としても登録されています。内部には漆喰や木の自然素材が使われた風情ある空間が広がっており、絵画や写真、彫刻など様々な展示会が行われています。入場無料なので気軽に立ち寄れます。

皇居東御苑

皇居東御苑

旧江戸城の歴史と豊かな自然に囲まれた庭園

皇居東御苑は皇居の東側にあり、旧江戸城本丸、二の丸、三の丸の一部を一般公開している庭園です。徳川将軍家の居城当時の面影を残す旧江戸城は迫力満点。四季折々に咲く花も見どころで、入園無料なので気軽に散策が楽しめます。とても広い庭園なので、3ヶ所の休憩所や点在するベンチで休みながらゆっくり時間をかけて回るのがおすすめです。

皇居

皇居

日本の歴史を見守ってきた天皇の居所

東京を代表する観光スポットのひとつである皇居は、かつての江戸城跡に造られた天皇の居所です。東京ドーム25個分ほどの広大な敷地を持っており、豊かな緑の中に宮内庁関係の庁舎や行事を行う宮殿、紅葉山御養蚕所といった様々な建物が点在。予約すると皇居内を解説付きで参観することも可能です。東側には武蔵野の自然が息づく庭園「皇居東御苑」もあり、一般に公開されています。

神田神社(神田明神)

神田神社(神田明神)

明神さまの名で親しまれる江戸東京の守護神

江戸下町のシンボルである神田神社は、730年創建の歴史ある古社です。徳川家康が関ケ原の戦いに挑む前に戦勝祈願をして以降、江戸の総鎮守として江戸幕府からも庶民からも厚い信仰を集めてきました。今でも神田をはじめ日本橋や秋葉原、大手丸の内、築地魚市場など、東京の中心的な108町会の氏神として親しまれています。2年に1度催される神田祭は日本を代表する祭りとしても人気です。

秋葉原電気街

秋葉原電気街

世界が注目するゲームとアニメの聖地

秋葉原電気街は家電やパソコン関連はもちろん、アニメやマンガ、ゲームなどのグッズ専門店も数多く集まっているエリアです。レトロゲームを楽しめるゲームセンターやアニメソングが流れるナイトクラブなど、他ではなかなか見られないユニークなお店がたくさん。店舗の中には免税店も多く、世界に向けて日本のポップカルチャーを発信する地域として国内外から多くの観光客が訪れます。

湯島天満宮(湯島天神)

湯島天満宮(湯島天神)

学問の神様を祀る、梅の名所として有名な神社

湯島天満宮(湯島天神)は学問の神である菅原道真公を祀っていることから学業成就や合格祈願のご利益があるとされる神社です。梅の名所としても知られており、梅まつりなどの季節行事も行われています。本殿と拝殿を幣殿(へいでん)でつないだ権現造りが特徴で、東京都指定有形文化財に指定されています。泉鏡花の小説「婦系図」の舞台となったことでも有名です。

旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸庭園

優美な建物と庭園は散策にぴったり

旧岩崎邸庭園は三菱の3代目社長である岩崎久彌の本邸として1896年に建てられた邸宅です。洋館とビリヤード場は日本の近代建築の父と呼ばれたジョサイア・コンドルが設計したもので、随所に施された装飾の繊細なデザインは見ごたえがあります。当時の華やかな世界を想像させる園内の建物と庭園は国の重要文化財に指定されています。

外濠公園

外濠公園

約2kmの桜並木が続くお濠の遊歩道公園

外濠公園は江戸城外濠を利用して作られた公園で、往時の姿がそのまま残る国指定の史跡です。公園は飯田橋駅付近から四ツ谷駅南側までの約2kmにわたり細長く続いており、春にはソメイヨシノやヤマザクラなど約240本の桜でお濠が彩られます。遊歩道が整備されているので、ゆっくり1時間ほどかけて散歩を楽しむのもおすすめです。

東京大学大学院理学系研究科附属植物園

東京大学大学院理学系研究科附属植物園

長い歴史と豊かな自然を感じる植物園

白山駅から徒歩10分の場所に広がる東京大学大学院理学系研究科附属植物園は、「小石川植物園」の名で親しまれているスポットです。1684(貞享元)年徳川幕府によって造られた「小石川御薬園」が前身で、1877(明治10)年に東京大学の付属植物園となり一般に公開されました。広大な敷地内には梅や桜から熱帯、亜熱帯植物まで、長い歴史の中で育まれてきた様々な植物や遺構が見られ、散歩や散策にも最適です。

マーチエキュート神田万世橋

マーチエキュート神田万世橋

赤レンガのレトロな駅舎を利用したお出掛けスポット

マーチエキュート神田万世橋は、かつて中央線の神田~御茶ノ水間にあった万世橋駅の遺構を再現して新しく生まれ変わらせた商業施設です。1912(明治45)年に開業した趣ある雰囲気そのままの空間で、高感度なショップやカフェ、イベントスペースなどが並びます。神田川沿いのオープンデッキも雰囲気が良いので、一息つきたい時の立ち寄りスポットとしても最適です。

3331 Arts Chiyoda

3331 Arts Chiyoda

校舎から生まれた地域のアートスポット

「3331 Arts Chiyoda(アーツ チヨダ)」は、かつて中学校だった建物を改修して造られたアートセンターです。施設内には10部屋以上のギャラリーに加えて、ショップやカフェ、休憩スペースなどを完備。授乳室やおむつの交換台といった設備も備わり、小さな子供連れでも安心して過ごせます。1階にあるメインギャラリーでは美術館のような広々とした空間を生かし、大型展覧会などを定期的に催しています。

竹久夢二美術館

竹久夢二美術館

美人画をはじめとする夢二の作品を展示

竹久夢二美術館は1990年に開館した、竹久夢二の研究および作品の所蔵・展示をする美術館です。夢二の代表作として有名な美人画をはじめとする書・油絵・スケッチなどの肉筆の他、木版画、書籍類、書簡、遺品など約3300点を収蔵。約200~250点の常設展示と年4回の企画展で、夢二の描く大正ロマンの世界感にひたることができます。

弥生美術館

弥生美術館

明治~昭和の美人画や挿絵を展示する美術館

弥生美術館は弁護士である鹿野琢見氏が創設した私立美術館です。明治・大正・昭和の挿絵画家による作品や雑誌・漫画・付録などの出版美術をテーマとした企画展を年4回開催しており、大正ロマン、昭和モダンな世界観を楽しめます。3階は鹿野琢見氏が幼少時代に感銘を受けた高畠華宵の常設展示室で、テーマを変えながら常時約50点の作品が公開されています。

秋葉原クロスフィールド

秋葉原クロスフィールド

2つの複合ビルを擁する秋葉原のシンボル

秋葉原クロスフィールドは、秋葉原のシンボルともいえる2つの複合型オフィス「秋葉原UDX」と「秋葉原ダイビル」を中心とするエリアです。オフィスやショップ、飲食店はもちろん、産業連携機能や文化施設、多目的スペースなど幅広い用途で利用できます。それぞれのビルのデザイン性の高さと、秋葉原駅すぐという立地の良さも魅力で、秋葉原のシンボルとしてにぎわいを見せています。

秋葉原ラジオ会館

秋葉原ラジオ会館

アキバ文化を発信する地域のランドマーク

秋葉原ラジオ会館は、秋葉原駅のそばにそびえる地上10階建ての商業ビルです。1950(昭和25)年の開業時には、家電やパソコン、アマチュア無線に加えてプラモデル、ゲーム、書籍など様々な店舗をそろえ、秋葉原の顔として注目されていました。現在見られるビルは2014年にリニューアルされたもの。フィギュアやカードなどの専門店を豊富にそろえており、秋葉原を代表するスポットとして多くの観光客が訪れています。

飯田橋の人気のカテゴリー

すべてのカテゴリー

東京の人気ツアーランキング

株式会社 阪急交通社

▼【福島県内発着】<往復新幹線+東京駅周辺エリア/選べるホテル>東京フリープラン1泊4日(初泊のみ)

  • 6月未定
  • 1泊4日
  • 出発地:新白河駅
住庄ほてる

宿泊ホテル住庄ほてる

住庄ほてるは、江戸の風情をとどめる日本橋小舟町にあるホテルです。ホテル形式でありながら、和の落ち着いた雰囲気も取り入れた、心癒されるお宿です。都営地下鉄浅草線・東京メトロ日比谷線の人形町駅から徒歩3分、東京メトロ半蔵門線・銀座線の三越前駅から徒歩6分にあり、ビジネスにも観光にも便利です。部屋は、洋室のシングルルーム、ダブルルームに加え、ツインルームが3種類あります。和室の部屋も2タイプあり、都会でありながら旅館に泊まっているような気持ちになれますよ。有線LANや無線LANのサービスも行っています。各部屋にはバスルームが付いていますが、別に大浴場も完備しています。ゆっくりと疲れを癒すことができます。浴衣もありますよ。ホテル内にある割烹すみしょうでは、本格的な和食を堪能できます。コースや御膳以外にも、様々なメニューがあります。お席は、落ち着いた和の雰囲気のテーブル席、座敷席となっています。都心でありながら、旅館に泊まっているようなくつろぎの空間がおすすめのホテルですよ。

※ 宿泊ホテルの一例
大人1名
12,800円〜
プラン詳細を見る

日本空輸 株式会社

★前日まで受付OK!スプリングジャパンで行く【ホテル堀留ヴィラ】2日間(新千歳発・成田着)

  • 6月未定
  • 1泊2日
  • 出発地:新千歳空港
ビジネスホテル堀留ヴィラ

宿泊ホテルビジネスホテル堀留ヴィラ

地下鉄・小伝馬町駅から徒歩3分、地下鉄・人形町駅から徒歩5分の立地にある煉瓦色をしたビルタイプのビジネスホテルです。下町情緒ある人形町に近くお台場・東京ディズニーリゾート・新宿まで30分圏内のため観光拠点としても最適。玄関周りには観葉植物がカラフルな鉢に入れられており、ハイカラな印象を与えています。シングル84室・ダブル4室・ツイン4室の構成となる客室は、機能的に纏められている印象。全室バストイレ・シャワー・冷暖房・テレビ・空の冷蔵庫を完備。シャンプー・リンス・ボディソープ・石鹸など基本アメニティも充実。バスタオル・バスローブ・ドライヤーも用意されており嬉しいです。館内では有線・無線LANインターネットに対応しており、環境に合わせて使い分けられます。

※ 宿泊ホテルの一例
大人1名
14,300円〜
プラン詳細を見る

日本空輸 株式会社

★前日受付OK!スプリングジャパンで行く【スカイハートホテル小岩】2日間(広島発)

  • 6月未定
  • 1泊2日
  • 出発地:広島空港
スカイハートホテル小岩(旧ホテルスカイコート小岩)

宿泊ホテルスカイハートホテル小岩(旧ホテルスカイコート小岩)

京成本線・京成小岩駅から徒歩1分。首都高速道路中央環状線・平井大橋インターより16分。駐車場は3台、1泊1500円、要電話予約です。マンションタイプで家に帰ったような感覚のホテル。客室構成はシングル、ツイン、セミダブルの3種類。小学生以下の子供で保護者の方と同室で添い寝の場合は、宿泊料金無料です。コインランドリーは24時間利用可能。洗剤もフロントで販売されているので、急な汚れ物でもすぐに洗うことができます。全室バス、シャワー付きトイレ、冷暖房、空の冷蔵庫、電気ポット、ドライヤー、無料インターネット(Wi-Fi、有線LAN)完備。アメニティは、ボディーソープ、リンスインシャンプー、ハミガキセット、カミソリが完備されています。

※ 宿泊ホテルの一例
大人1名
14,500円〜
プラン詳細を見る

東京のおすすめグルメ

東京のお土産

東京の気候

東京のおすすめアクティビティ

飯田橋 観光のよくある質問

東京観光のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

日本の中心地で大都市である東京は、1年を通じて観光を楽しむことができます。特に、スカイツリーや浅草、銀座などの街中の観光スポットや、東京ディズニーリゾートなどは、季節を問わずいつでも楽しめるスポットです。自然の豊かな高尾山などを訪れるのであれば、気候のよい春や秋などがおすすめ。奥多摩ならば、夏場の避暑地としても人気です。

東京観光で比較的空いている穴場の時期はありますか?

東京は、1年を通じて国内外から多くの観光客が訪れており、人が少ないシーズンというものはあまりありません。ただし、夏休みや春休み、冬休み、ゴールデンウィークなど学校が休みになるときは、より多くの人が訪れるので、少しでも人が少ない時期を狙うのであれば、避けた方が無難です。また、平日の方が、土日祝日よりも人が少ない傾向にあります。

東京旅行は何泊何日が人気ですか?

東京旅行を楽しむのに最適な宿泊日数は、目的によって異なりますが、都内の人気観光スポット巡りやショッピングを楽しむというのであれば、2泊3日がおすすめです。上野動物園など1日ゆっくり楽しめる観光スポットを取り入れる場合や、東京ディズニーリゾートと都内観光を合わせて楽しみたいのであれば、3泊4日がおすすめです。

おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

運営会社

© 2014-2024, Travel Book.,Inc All Rights Reserved.