1. 観光
  2. 北海道 桜
  3. 札幌 桜
  4. 中央区 桜
  5. 札幌中心部 桜

【2024年】札幌中心部 桜!札幌中心部旅行おすすめ人気桜2選

札幌中心部にある、人気おすすめ桜をピックアップ!桜と梅が一緒に楽しめる札幌の花の名所 「北海道神宮」,公園全体が彫刻として造られたアートな公園 「モエレ沼公園」など、札幌中心部の観光にピッタリな桜をご紹介!

札幌中心部の人気のカテゴリー

すべてのカテゴリー

北海道の人気ツアーランキング

株式会社 阪急交通社

☆6-7月SALE☆<成田発 新千歳空港利用 スプリング・ジャパンジェットスター×シティ&リゾートホテル・温泉宿> 北海道2日間

  • 7月未定
  • 1泊2日
  • 出発地:成田空港
ホテルリソル札幌 中島公園

宿泊ホテルホテルリソル札幌 中島公園

ホテルリソル札幌中島公園は、中島公園から200m、地下鉄中島公園駅まで徒歩2分、JR札幌駅まで車で10分、すすきのまで1駅の場所に位置しています。また近くにはコンビニエンスストアや飲食店があります。ホテルリソルトリニティ札幌の施設設備は、24時間対応のフロントデスク、新聞のあるロビー、荷物預り所、Faxとコピー機、スナックも販売する自動販売機、駐車場、コインランドリー、喫煙所、ズボンプレッサーに加え、イタリアンを提供するレストラン、スパあるので、娯楽施設も充実しています。サービスとして、無料Wi-Fi、マッサージサービス、レンタサイクル、ドライクリーニングを利用できるので、快適に滞在できます。客室は、暖色系でモダンかつシンプルで落ち着きのある内装で、アメリカのデザイナーによって選び抜かれた家具が置かれています。室内には、エアコン、テレビ、浴衣、書斎デスク、お茶セット、スリッパ、電話、冷蔵庫、電気ケトルに加え、ヘアドライヤー、シャンプーやコンディショナー、無料バスアメニティ、バスタブつきの専用バスルームなどが備え付けられています。朝食は、レストランで和食や郷土料理などを種類豊富なビュッフェ形式で提供されます。

※ 宿泊ホテルの一例
大人1名
12,800円〜
プラン詳細を見る

株式会社 阪急交通社

<成田発 スプリング・ジャパンジェットスターで行く 地下鉄南北線すすきの駅徒歩約5分> Tマークシティホテル札幌 2日間

  • 7月未定
  • 1泊2日
  • 出発地:成田空港
Tマークシティホテル札幌

宿泊ホテルTマークシティホテル札幌

Tマークシティホテル札幌は地下鉄南北線・すすきの駅より徒歩5分、ラーメン横丁やすすきのの繁華街からアクセスの良い立地です。明るく清潔感のあるロビーに、客室はホワイトを基調としたモダンなインテリア。ビジネスにも最適なシングルルームからご家族での滞在にぴったりなファミリールームがあります。客室タイプは全室無料Wi-Fi、バストイレ、テレビ、冷蔵庫、ドライヤーを完備。またボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、ハミガキセットなどのアメニティも充実しています。併設するレストラン「ポラリス」では北海道産の旬の食材を使用した朝食を提供し、焼き立てのパンや北海道産ブランドのお米を使用した豊富なメニューの和洋バイキングを楽しむことができます。

※ 宿泊ホテルの一例
大人1名
14,000円〜
プラン詳細を見る

北海道のおすすめグルメ

北海道のお土産

北海道の気候

北海道のおすすめアクティビティ

札幌中心部 桜のよくある質問

北海道観光のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

北海道は、本州に比べて涼しいため、観光がしやすい気候の初夏や初秋が観光のベストシーズン。真夏も本州よりは過ごしやすく、人気です。また、寒さは厳しいものの、冬は、クリスマスシーズンにはイルミネーションが各地で開催されており、2月には札幌雪祭りが開催されるなどのイベントが多く、たくさんの人が訪れています。

北海道観光で比較的空いている穴場の時期はありますか?

北海道観光を空いている時期に楽しみたいのであれば、人が最も少ない12月の上旬や、2月の中旬から3月の初旬がおすすめ。寒さが厳しいため、スキーなどのウィンタースポーツを楽しむか、イルミネーションなどを楽しむ、冬の魚介グルメなどを楽しむのがメインとなります。寒くても冬休みは混みあうので避けるようにしましょう。

北海道旅行は何泊何日が人気ですか?

北海道旅行は、広い北海道の中のどこを訪れたいのかによって必要な日数も異なります。一番人気の道南の札幌・小樽・函館コースであれば、3拍4日程度。札幌から富良野や帯広などまで足をのばしたいのであれば、4泊5日程度。北海道周遊コースを楽しみたいのであれば、7泊8日程度おすすめです。スキーなどなら10日ほどの長期滞在なども人気です。

おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

運営会社

© 2014-2024, Travel Book.,Inc All Rights Reserved.